占いをするのに向いている性格

占いは勉強すれば誰でもできることには出来ますが、やはり向き不向きな性格が存在します。

例えば占いをする上で重要なのは利用者の言うことにしっかりと耳を傾けられる人です。話を聞くことでその人の人なりを知ることで、より鑑定の精度を挙げることが出来ます。
そのため、コミュニケーションを的確にとれることが占いをするの能力として第一に求められると言っても過言ではないでしょう。
また、占いをしていると様々な相談をされます。その中には想像もしないような内容の相談もありますが、そうした相談内容に感情移入しすぎずに冷静に対応できるかも求められるでしょう。

例えば「不倫相談」を受けたとして、「不倫なんて絶対に許せない!」という自分の価値観は占いとは何も関係ありません。しかしそういう気持ちが強く出てしまうと、鑑定の精度も悪くなってしまいますし、依頼主の満足度も低くなってしまいます。

最低でも今回ご紹介した2つ、「コミュニケーション能力」と「冷静な判断力」は占いをしていく上でとても大切なので、これらがある人は占い師に向いているといえます。